ビジネスレベル 英語 英語力

ビジネスレベルの英語にはどのくらいの英語力が必要か?

ビジネスレベルの英語に必要なTOEICの点数は?

仕事で英語を使う機会のあるビジネスマンにとって、英語力の向上は重要な課題です。
ビジネス英語に限らず、英語力をはかる基準として最も広く利用されているテストがTOEIC。
TOEICのスコアがどのくらいであれば、ビジネスレベルであるといえるのでしょうか?

 

TOEICの公式サイトによると、ビジネスレベルの英語力はTOEIC730点以上と解釈されます。

ビジネスレベルの英語力はTOEICだけでは語れない!

しかし、ビジネスレベルの英語力は、TOEICの点数だけで語ることはできないというのも事実です。
驚くべきことに、TOEIC900点以上の高得点者でさえ、「自分の英語はビジネスレベルの英語力にはほど遠い」と感じている人が非常に多いのです。
とはいうものの、TOEIC600-700点ほどで「ビジネスレベルに自信があります!」という人も皆無です。
ざっくり言うと、ビジネス英語に必要なTOEICのスコアは800点ほどは必須ですが、それ以上の点数とビジネスレベルの英語力との相関性はあまりないようです。

実際のビジネスレベルの英語力とはどの程度?

実際の業務で必要とされるビジネスレベルの英語力は、業務内容に大きく関係するのですが、一般的に言って、

  • 海外からの電話に対して問題なく応対できる
  • 海外からの来客に対し、適切に応対できる
  • 英語で書かれた書類でも問題なく扱える
  • 外国人スタッフを交えた会議で通訳を必要としない

といったところでしょうか。

 

日本人の場合、リーディングにはさほど大きな困難を感じず、リスニングやスピーキングが弱いという傾向にあります。
実際の英語コミュニケーションでは書類やメールの読み書きも大切ですが、リアルタイムで誤解なく聴く・話すことができるスキルが大変重要です。

英語はコミュニケーションツールである

ビジネスレベルの英語で最も大切なことは
「英語はコミュニケーションツールである」
という認識です。

 

ビジネスレベルの英語にネイティブレベル並に美しい発音や気の利いた表現は必要ありません。
「何か流暢に英語を話しているようだけど、小器用に英語を話しているだけで、何が言いたいのか結論がよく分からない」
というのはよくありません。

 

話すべき内容・話の結論・自分の意思を誤解なく伝えることが必要です。
このようなことに関しては、キレイで流暢な発音はあまり関係ありません。
もちろん、何と言っているのか分からないほどの発音(いわゆるバリバリの日本英語)ではコミュニケーションもままなりません。
相手に伝わることに注意して丁寧に発音することは最低条件です。
しかし、ネイティブ並に流暢に話すことが、ビジネスレベルの最終目標ではないことは覚えておいてください。

 

ホーム RSS購読